「山・鉾・屋台行事」無形文化遺産に登録決定、ユネスコ 地方活性化にも貢献か

ユネスコが「山・鉾・屋台行事」を無形文化遺産に登録決定

【ニュース】
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は11月30日(日本時間12月1日)、「山・鉾(ほこ)・屋台行事」を無形文化遺産に登録すると決めた。
「京都祇園祭の山鉾(やまほこ)行事」など18府県の33件の祭りが対象。
日本の無形文化遺産は能楽や歌舞伎、和食などを含めて合計で21件となった。



lvhvtzdncz6lggs1478929093_1478929151「日本の伝統文化がまた一つ、無形文化遺産に登録されたんですね。山車が町を練り歩く風景は独特ですもん」

q26e9ot4fcb_idt1478998129_1478998171「雅な日本の伝統の祭りは多い。日本では無形文化遺産の登録数が増えてきたため、今回は33件の祭りを一つにまとめて申請したのが奏功したね」

lvhvtzdncz6lggs1478929093_1478929151「ユネスコの文化遺産に登録されるとメディアの取り扱いも増えますよね。山車が出るお祭りが注目を浴びて地方活性化にもつながるかしら」

q26e9ot4fcb_idt1478998129_1478998171「ネット偏重の生活を過ごす都会の子供たちにとっては山車のある祭りは強烈な印象があるんじゃないかな」

lvhvtzdncz6lggs1478929093_1478929151「今はYouTubeの動画とかでも見れますけど、現地で見る興奮ってありますもんね」




q26e9ot4fcb_idt1478998129_1478998171「祭りをテーマにした映画も多い。例えば、2016年1月に公開した竹野内豊主演の映画「人生の約束」は富山県射水市新湊地区の「新湊曳山祭」があるね」

8oraivibvsvdfyc1478998224_1478998278「その映画って流行ったんやろか。あと、祭りの時は宿がいっぱいや」

q26e9ot4fcb_idt1478998129_1478998171「年に一度の多いな祭りのためだけに宿泊施設を用意するわけにはいかないからね。大きな祭りでの民泊の特別許可、大型バス業者などの事業展開に期待したい」


【12月1日、首相官邸の総理メッセージ】

きらびやかな装飾をほどこした、創意あふれる華やかな山・鉾・屋台の巡行。
それは、災いを払い、地域の安泰を願う人々の祈りです。
本日、ユネスコ無形文化遺産に「山・鉾・屋台行事」が登録されました。心から嬉しく思います。
日本全国33の祭、幾世代にもわたり地域で受け継いできた「山・鉾・屋台行事」を、誇りを持って後世へと継承し、国内外に発信していきたいと思います。

きょうのことば

・山・鉾・屋台行事とは
山・鉾・屋台行事(やまほこやたいぎょうじ)とは、山車(だし)の頭に高い棒状の山(やま)、鉾(ほこ)の装飾がついた行事を指す。
山車を用いる祭りは、京都の祇園にある八坂神社の祇園祭が原点とも言われる。
山車(だし)は曳山(ひきやま)・祭屋台(まつりやたい)などとも呼ばれ、全国で「山・鉾・屋台行事」が催されている。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)