今月のニュースまとめ一覧、2018年1月 政治経済・海外に仮想通貨

今月のニュースまとめ一覧、2018年1月 政治経済・海外に仮想通貨

株高に湧いたまま2018年が始まった。

2017年の勢いそのままに日本株や米株は上昇基調、原油など商品のほか仮想通貨も堅調だ。

トランプ大統領就任やブレグジットで波乱の2016年、その揺り返しで平穏だった2017年。

2018年に待っているのは好景気か大波乱か。

2018年1月以降の主なニュースを簡単にまとめて更新する。

目次

1月:ニュース
2〜12月:カレンダー
年内のニュース:
政治
年内のニュース:経済
年内のニュース:海外
年内のニュース:仮想通貨
年内のニュース:企業
年内のニュース:社会

2018年1月のニュースまとめ

9日
海外
北朝鮮、韓国で2月に開催する平昌五輪の参加を表明

海外
韓国、従軍慰安婦問題での日韓合意で日本拠出の10億円を自国負担と表明
文在寅大統領は日本に「被害者に心から謝罪」とコメント

企業
韓国サムスン電子、2017年12月期の営業利益は53兆6000億ウォン(約5兆7000億円)
半導体メモリーが好調、スマホ事業も堅調

仮想通貨
米イーストマン・コダック、写真家の活動支援の仮想通貨「コダック・コイン」を発行すると発表

4日
経済
日経平均、大発会で741円(3.3%)高 26年ぶり2万3500円台を回復

1日
海外
金正恩氏、2018年の「新年の辞」で「核のボタンは私の机の上にいつも置かれている」とコメント




2018年のイベントカレンダー

2018年のマーケットカレンダー、政治経済イベントの日程

2018年のニュース、政治

日本では1月22日の月曜日に通常国会が召集される見込み。

4月に任期を迎える黒田東彦総裁の後任人事に注目が集まる。

物価は小幅ながらプラス基調が続いており、安倍晋三首相がデフレ脱却宣言を表明するタイミングもありそうだ。

2018年のニュース、経済

日本と世界の株高が止まらない。

日本株は4日の大発会で741円(3.3%)高と26年ぶり2万3500円台を回復した。

米ダウ工業株30種平均は過去最高値の更新を続けて4日には初めて2万5000ドル台に乗せて1日の取引を終えた。

日本や米国は完全雇用と言われる水準で雇用が安定、かつ低金利で物価上昇が緩やかという適温相場(ゴルディロックス)が続いている。

日本株や米国株のほか、非鉄や貴金属などの価格も高水準で推移している。

米国は2018年の大幅減税を決定しており、経済の異例の好循環が続いている。




2018年のニュース、海外

日本にとって2018年の最大のリスクと言えば北朝鮮の動向だ。

1月1日には北朝鮮の金正恩氏が「核のボタンは私の机の上にいつも置かれている」とコメントした。

一方、1月9日には北朝鮮と韓国は約2年ぶりの南北での閣僚級会談を開き、北朝鮮が韓国で2月に開催する平昌五輪の参加を合意した。

2018年のニュース、仮想通貨

2018年も世界の話題の中心は仮想通貨になりそうだ。

1月9日には米コダック社が写真家の活動支援の仮想通貨「コダック・コイン」を発行すると発表して株価が急騰する場面があった。

「ビットコインは詐欺だ」と痛烈に批判したJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOは1月9日、米国のテレビ曲フォックスのインタビューで仮想通貨の土台となるブロックチェーン技術について「偽物ではない」と態度を翻した。

2017年末まで
韓国で仮想通貨の取引の規制、さらには取引自体の全面禁止が取りざたされた。

2017年の仮想通貨ランキング

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2018年のニュース、企業

日本の上場企業の2018年3月期は好調な決算となる見通し。

多くの企業が過去最高益を見通し、株式市場では業績期待から株高が続いている。

来期となる2019年3月期の業績見通しがどうなるか、人手不足の状態での賃上げなどが議論になる。

2018年のニュース、社会

2月9日からは韓国で平昌オリンピックが開催される。

北朝鮮との軋轢から欧州各国でも不安が広がっているため、国際的な問題と関連するイベントになった。

6月14日からはFIFAワールドカップロシア大会が開催される。




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)