IPOカレンダー2018 新規上場のスケジュールまとめ一覧




IPOカレンダー2018 新規上場のスケジュールまとめ一覧

株式投資の中でも人気の高いのがIPO(新規株式公開)銘柄だ。

上場直前の非公開株は証券会社が抽選で投資家を募集して公開価格を決定。

その後の株価(初値)は公開価格を上回ることが多い。

2018年はフリマアプリのメルカリ、クリスティアーノ・ロナウドが商品の共同開発を務めるMTGなどに注目が集まった。

IPO銘柄の抽選時期、上場日や必要な資金などをまとめて更新する。

・この記事の関連リンク

東証:新規上場会社情報

目次

IPOカレンダー、日程
IPOカレンダー、概略
IPOカレンダー、資金拘束

IPO日程表、申し込み最終日と上場日 2018年8〜10月

・抽選の申し込み最終日(資金拘束は後述)

〜10月〜
5日(金):プリントネット
9日(火):ギフト
10日(水):ディ・アイ・システム
12日(金):リーガル不動産
18日(木):VALUENEX
26日(金):アクセスグループ・ホールディングス

・上場日

〜10月〜
18日(木):プリントネット
19日(金):ギフトディ・アイ・システム
23日(火):リーガル不動産
30日(火):VALUENEX

〜11月〜
6日(火):アクセスグループ・ホールディングス




IPO概略 抽選期間(ブック・ビルディング)の順番、必要資金に幹事証券

プリントネット

事業内容:ネットを使った印刷物の受注販売
想定価格:1360円
仮条件決定日:9月27日(1360〜1400円)
公開価格:1400円
抽選期間:10月1〜5日
上場日:10月18日
必要資金:14万円
主幹事:みずほ
参加証券:岡三、いちよし、東洋、SBI、マネックス
上場時発行済株式総数:522万400株
上場時流動性:35%
時価総額:70億円

ギフト

事業内容:横浜家系ラーメンを主体としたラーメン事業
想定価格:1900円
仮条件決定日:10月1日(1900〜2090円)
公開価格:2090円
抽選期間:10月2〜9日
上場日:10月19日
必要資金:20万9000円
主幹事:野村
参加証券:三菱UFJモルガン、SMBC日興、みずほ、いちよし、SBI、エース、岩井コスモ
上場時発行済株式総数:465万9000株
上場時流動性:25%
時価総額:97億円

ディ・アイ・システム

事業内容:システムインテグレーション、教育サービス
想定価格:1220円
仮条件決定日:10月2日(1220〜1280円)
公開価格:1280円
抽選期間:10月3〜10日
上場日:10月19日
必要資金:12万8000円
主幹事:SMBC日興
参加証券:SBI、岡三
上場時発行済株式総数:148万株
上場時流動性:35%
時価総額:18億円

リーガル不動産

事業内容:不動産の開発・売買・賃貸・管理・仲介、介護事業
想定価格:1360円
仮条件決定日:10月4日(1360〜1380円)
公開価格:1380円
抽選期間:10月5〜12日
上場日:10月23日
必要資金:13万8000円
主幹事:SMBC日興
参加証券:SBI、エース、東海東京、岩井コスモ、岡三
上場時発行済株式総数:274万株
上場時流動性:42%
時価総額:37億円

VALUENEX

事業内容:特許・文書解析ツールのASPライセンスサービス、関連したコンサル
想定価格:1520円
仮条件決定日:10月10日(1700〜1840円)
公開価格:1840円
抽選期間:10月12〜18日
上場日:10月30日
必要資金:18万4000円
主幹事:SBI
参加証券:みずほ、大和、岩井コスモ、藍澤、エース、エイチ・エス、極東、東洋、むさし
上場時発行済株式総数:274万6200株
上場時流動性:19%
時価総額:50億円

アクセスグループ・ホールディングス

事業内容:広告プロモーション、新卒や外国人留学生向け採用広報、学生の募集広報
想定価格:1240円
仮条件決定日:10月18日(1240〜1340円)
公開価格:ー
抽選期間:10月22〜26日
上場日:11月6日
必要資金:13万4000円
主幹事:大和
参加証券:みずほ、SMBC日興、岡三、SBI
上場時発行済株式総数:115万9800株
上場時流動性:40%
時価総額:15億円

注:必要資金は1単元あたりの価格で仮条件決定前は想定発行価格の上限

注:上場時流動性は「公募+売り出し」÷「上場済発行済株式総数」で算出、数字が0%に近いほど需給が引き締まり上場直後の株価は上昇しやすい




IPO参考、資金拘束 ネット口座で完全抽選のケース 原則は一単元

〜資金必要タイミングが早い順番〜

マネックス:抽選申し込み時に必要(重複申し込みは出来ない)
SMBC日興:抽選申し込み時に必要(重複申し込みは出来ない)
三菱UFJモルガン:抽選日前日に必要(重複申し込みは出来ない)
みずほ:抽選申し込み時に必要(資金拘束はなし、重複申込み可能)
大和:抽選申し込み時に必要(資金拘束はなし、重複申込み可能)
東海東京:抽選申し込み時に必要(資金拘束はなし、重複申込み可能)
SBI:抽選中に確認(複数申し込み可、当選時に資金拘束)
楽天:抽選申し込み時(重複申込み可能)・購入申し込み時に必要(抽選もこの時点)
野村:当選後に入金(抽選期間の最終日は他社より1日早い)
岡三:当選後に入金
松井:購入申し込み最終日(15:30)に必要(抽選もこの時点)

〜抽選結果の発表日〜
申込期間の翌日(公開価格決定日):SBI、SMBC日興、東海東京、野村、三菱UFJモルガン、岡三
公開価格決定のさらに翌日:マネックス、大和、みずほ
購入期間の最終日:楽天、松井

・この記事の関連リンク

東証:新規上場会社情報



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)