コインチェックに大批判 SBI北尾社長「腹が立つ、一切の付き合いをやめると宣言」

コインチェックに大批判 SBI北尾社長「腹が立つ、一切の付き合いをやめると宣言」

仮想通貨取引所コインチェックへの批判が止まらない。

仮想通貨に注力している上場企業のSBIホールディングスの北尾吉孝社長は1月30日、2017年4〜12月期の決算説明会で足元の仮想通貨事業に対してコメントした。

北尾社長は仮想通貨を事業として取り組むのにもっとも大事なのは「ウォレットの管理、セキリティーの強化だ」と指摘した。

仮想通貨「NEM(ネム)」のハッキングで580億円を不正流出したコインチェックについては「基本的な問題を全部やっていない」と批判、「インターネットに常時繋がっているホットウォレットでネムを保持するのは全くナンセンス」と指摘した。

北尾社長はコインチェックに対して「最も腹が立つのはシステムに金を払うべきなのに、客を集めるCMで多額の金を払ってる」と糾弾、「こういう輩はカス中のカス」とまで断言した。

コインチェックが不正流出580億円のうち460億円を現金で補償するという方針については「あのお金を返せると思わない。あのビジネスがそれだけ儲かっていたのか」との疑問を呈した。

SBIホールディングスは仮想通貨の中でも時価総額トップクラスの「XRP」を発行する米リップル社に10%を出資している。

また、SBIグループは仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」のサービス開始に向けて動いている途中だ。

インターネットではコインチェックを救済できるのはSBIではないかとの声も上がっているが、北尾社長は決算説明会で「私どもはこんな会社に投資してない。一切の付き合いをやめると宣言してる」と述べた。

(参考動画:2018年3月期第3四半期 SBIホールディングス(株)決算説明会)




Follow me!

コインチェックに大批判 SBI北尾社長「腹が立つ、一切の付き合いをやめると宣言」” に対して1件のコメントがあります。

  1. 前田 より:

    運営者様

    貴サイトを拝見し、動画施策含むBitcoin関連金融アプリ(アフィリエイト)案件のご提案です。
    弊社は完全非公開ASP事業者です。独占案件含め弊社取扱い案件は、全て全承認となっております。
    もしご興味ございましたら、info.app.asp@gmail.com (前田)迄ご連絡頂けましたら幸いです。
    ご連絡頂いた後、弊社ASP, 取り扱い案件等をご説明させて頂きます。

    ご検討のほど宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)