イニエスタ、いつからJリーグに参戦 9月埼玉、10月神奈川、11月愛知と静岡

【来日したイニエスタ】

イニエスタ、いつからJリーグに参戦 今後の予定と神戸のスケジュール

本当に世界最高級のプレイヤーのイニエスタがJリーグにやってきた。

ヴィッセル神戸は5月24日、バルセロナでスペイン代表のイニエスタを獲得したと正式に発表した。

神戸市民はスペインに行かずしてイニエスタのプレーを生で観戦できる。

ヴィッセル神戸のアウェー戦では、日本全国でイニエスタのプレーを見られるチャンスもやってきた。

イニエスタはいつからJリーグに登場するのか。

イニエスタの今後の予定と神戸の2018年後半の試合をまとめた。




イニエスタ、6月はロシアW杯に出場 7月20日に最速でJリーグ登録

【ヴィッセル神戸の2018年後半戦のスケジュール】


(注:25〜31節の日付は予定)

5月24日に来日したイニエスタは、6月14日からのロシアワールドカップにスペイン代表として出場する。

イニエスタはW杯終了後、一カ月前後の休養をとってから神戸に合流するとみられる。

また、2018年のJリーグでの選手の登録期間(ウインドー)は第一期間が1月5日~3月30日、第二期間が7月20日~8月17日だ。

Jリーグに最速・最遅で登場するケースは以下になる。

・最速のケース

W杯:6月15日〜6月25日(予選敗退)
一カ月の休養
7月20日に登録、7月22日の湘南戦(ホーム)

・最遅のケース

W杯:6月15日〜7月15日(決勝出場)
一カ月の休養
8月17日に登録、8月19日の湘南戦(アウェー)以降の試合

スペイン代表がロシアW杯で予選落ちするのは考えにくい上、休養後に体を作り直しチームでの練習時間も必要だ。

興行面を考えて神戸のホームでデビューすると考えた場合、8月26日の横浜F・マリノス戦、9月15日のガンバ大阪戦がイニエスタのJリーグデビュー戦の候補にあげられる。




神戸のアウェー戦 9月に浦和、10月に川崎F 11月に名古屋と清水

【ヴィッセル神戸の2018年後半のアウェー戦の一覧】

2018年の神戸のアウェー戦は大人気になることが予想される。

特に9月22日でもともと人気のある浦和レッズ戦は会場も大きく、6万人超のキャパシティーの埼玉スタジアムが満員で埋まりそうだ。

10月20日の川崎フロンターレ戦は人口の多い関東で開催する激戦区となる。

11月3日の名古屋グランパス戦、11月24日の清水エスパルス戦でもイニエスタ目当ての新規ファンが集まるだろう。

・この記事の関連リンク

ヴィッセル神戸:試合日程・結果一覧




イニエスタ、最近のニュース



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)