神戸、債務超過の間近でイニエスタ加入へ 年俸32億円は三木谷氏が負担で採算改善か

【サッカーファンなら誰もが知るスペインのイニエスタが日本にやってくる】

神戸、債務超過の間近でイニエスタ加入へ 年俸32億円は三木谷氏が負担で採算改善か

ビッグネームの登場により、サッカーチームの経営にも注目が集まっている。

スペインのラジオ「El larguero(エル・ラルゲロ)」など複数のメディアが5月8日、「イニエスタが日本のヴィッセル神戸に移籍する」と報じた。

さらに5月23日、NHKなどがイニエスタが神戸に移籍すると伝えた。

事前報道での年棒は毎年2500万ユーロ(32億円)で3年間の契約。

イニエスタはスペインの強豪バルセロナのキャプテンでスペイン代表でも活躍してきた。

5月11日に34歳になったイニエスタは今季限りでバルセロナを退団すると発表していた。

中国への移籍が伝わっていたが、ヴィッセル神戸のオーナーで楽天の三木谷浩史会長が獲得に動いたようだ。

サッカーファンなら誰もが知るイニエスタの加入は、経営不振のヴィッセル神戸に大きなインパクトを与える。




ヴィッセル神戸、2017年12月末の純資産はわずか795万円で債務超過が目前

【ヴィッセル神戸は2017年12月期の最終損益が1億5000万円の赤字で債務超過が間近】

サッカーチーム「ヴィッセル神戸」を運営する楽天ヴィッセル神戸株式会社は4月10日、2017年12月期の決算を官報に公表した。

1年間の経営の結果の最終損益は1億5455万円の赤字で、2017年12月末で経営の体力を示す純資産は795万円しか残っていない。

2018年12月期に1000万円の赤字を出すと債務超過に陥る計算だ。

イニエスタの年俸32億円をヴィッセル神戸が会社として負担するのはほぼ不可能な財務体質になっている。

一方、ヴィッセル神戸のオーナーは日本でも有数の資産家として知られる楽天の三木谷会長だ。

三木谷会長には経営不振だったヴィッセル神戸を、ポケットマネーで債務超過から脱出させた経緯がある。

三木谷会長が今回も自分の財布からイニエスタの年俸を払えば、ヴィッセル神戸はもちろん親会社で上場企業の楽天の費用にならない。

むしろイニエスタ加入によるファンの増加、グッズの売り上げ増などは会社にとってプラスになり採算改善につながる。

神戸の親会社の楽天はバルセロナと年間64億円、4年間のスポンサー契約も結んでいる。

イニエスタの年俸を三木谷会長が個人で払うのか、楽天が広告宣伝費のような形で負担するのか。

サッカーファン、投資家など多数の業界から注目が集まる。

・この記事の関連リンク

El larguero:Iniesta jugará en Japón
スポーツ報知:【神戸】イニエスタにオファー認める 三木谷氏自ら“J史上最大級”年俸32.5億円交渉
スポーツ報知:イニエスタ、神戸入団合意!20日バルサ最終戦後に来日、会見へ






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)