社員の平均給料が2000万円を突破、キーエンスの2018年3月期 5年前の1300万円から6割増

【キーエンスの2018年3月期の社員の平均給料は2000万円を突破した】

社員の平均給料が2000万円を突破、キーエンス

高級で有名な上場企業の社員の平均給料が2000万円を突破した。

センサーなど工場向けの部品を手がけるキーエンスは6月14日、2018年3月期の有価証券報告書を公表した。

工場の積極的な自動化投資への意欲を背景に売上高は前期比28%増の5268億円。

営業利益は2928億円のため売上高営業利益率は56%と、トヨタや日立(8%)など日本の主要企業と比較すると群を抜く。

従業員の平均年間給与は前期比15%増の2088万円で、5年前の1321万円から比較すると6割増になった。




【キーエンスの過去5年間の給与の推移】

キーエンスは経済誌の上場企業年収ランキングでは1位が定番だ。

高収益を支えるために高いレベルの仕事を求められることから、その働きぶりは「30代で家が建ち、40代で墓が建つ」とも言われる。

ただ、平均勤続年数は5年前の10.6年から2018年3月期は12.2年と長くなり、従業員数(連結ベースでの親会社)も増加傾向だ。

給料の高い企業で人が成長・定着し、利益を稼ぐキーエンスは株式市場からも高い評価を受けている。

キーエンスの株価はこの5年間で主要な大企業よりも力強く上昇、足元の時価総額は8兆円と日本企業で第6位まで成長した。

(注:記事内で45〜48期の変則決算期間は単純合算、平均値をとった)

・この記事の関連リンク

キーエンス:2018年3月期有価証券報告書






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)