2018年大胆予想、日本株バブルにジュリアナ東京 ビットコイン大荒れ

2018年大胆予想、発表が始まる

金融機関は年末になると、翌年の世界経済の予想を始める。

12月6日には金融関係者に有名な、みずほ総研の「とんでも予想2018年」が発表された。

米国が北朝鮮の核保有を承認、日経平均が3万円でジュリアナ東京復活など刺激的な見通し。

金融各社の大胆予想シリーズは起こる可能性は低いものの、発生した場合の重要性が高いもの。

世界的に見て過去に例のない上昇を見せているビットコインに関する予想も白熱しそうだ。

みずほ総研、とんでも予想2018年

みずほ総研は12月6日、「とんでも予想2018年」を発表した。

2016年にはトランプ氏の大統領の勝利、2017年にはダウ平均株価2万3000ドル台を的中させている。

2018年予想では米国が北朝鮮の核保有を承認、日経平均が3万円でジュリアナ東京復活、仮想通貨市場が過熱してビットコインが3万ドルを突破してからのクラッシュを予想した。

1.米国が改革を実現
トランプ大統領が税制や移民制度の改革、インフラ投資を実現して支持率が急上昇、中間選挙にも勝利する

2.原油が80ドルに高騰
中東と米国の供給不安で原油相場が80ドルに高騰、サウジアラビアとイランの対立が激化

3.トルコ移民が欧州に流入、イタリアもEU離脱を問う
トルコのEU加盟交渉が決裂して移民が欧州に流入、イタリア総選挙でEU懐疑派の五つ星運動が大勝して「Italexit(イタレグジット)」の是非を問う国民投票に

4.イギリスがブレグジット撤回
EU交渉が難航でメイ英首相が退陣、国民投票の再実施でブレグジット撤回へ

5.中国が空のシルクロード提唱
中国が航空インフラや宇宙開発で一帯一路構想に空のシルクロードを追加、日本ではアジアインフラ投資銀行(AIIB)加盟により1980年代のシルクロードブームが再燃

6.米国が北朝鮮の核保有を承認
米国と北朝鮮がICBM開発放棄と核保有国承認の取引で妥結、米中朝首脳会議が実現

7.日本がデフレ脱却、物価目標2%は中長期に
日本政府がデフレ脱却宣言、日銀は物価目標2%を短期から中長期の目標に変更して長期金利上昇を容認

8.日経平均3万円、ジュリアナ東京が復活
日米ともにバブルの様相を強めて日経平均3万円にダウ平均は3万ドルを突破、日本で高級車やクルーザーが売れて六本木にジュリアナ東京が復活

9.ビットコイン3万ドル突破、さらにクラッシュ
仮想通貨市場が過熱してビットコインは3万ドルを突破、当局の規制強化でクラッシュ。銀行による独自の仮想通貨発行が相次ぎ日本はキャッシュレス社会に

10.平昌オリンピックでウインタースポーツブーム
平昌オリンピックで日本女子が過去最高のメダルを獲得、ウインタースポーツブームが訪日外国人にも波及




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)