AbemaTV(アベマTV)、191億円の赤字 累積赤字は283億円 2017年9月期

【アベマTVの2017年9月期の業績、官報より】

AbemaTV(アベマTV)、2017年9月期は191億円の最終赤字

ネットテレビは事業として未来があるのか。

サイバーエージェントとテレビ朝日が出資して設立したネットテレビのAbemaTV(アベマTV)の2017年9月期の業績は191億円の赤字だった。

12月18日の官報でアベマTV単体の業績が開示された。

2017年9月期は第3期となり、設立からの損益の累積は283億円の赤字(利益剰余金のマイナス)で280億円の債務超過となった。

アベマTVの親会社のサイバーエージェントは10月26日にグループ全体での決算を発表、アベマTVを含めたメディア事業は先行投資の時期のため2018年9月期も200億円の営業赤字の見通しと発表している。

アベマTVにとって第4期となる2017年11月2〜5日には元SMAPの稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾の3人による72時間テレビが話題になり視聴者獲得につながった。

ネットテレビは将来的に採算の取れる事業になるのか。

サイバーエージェントの投資が成功するかどうかへの注目は高い。

【アベマTVのダウンロード数、サイバーエージェントの決算説明資料より】




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)