フジテレビ、早期退職を募集 放送事業の利益は8割減、退職金は最高7000万円も

【フジテレビの親会社、フジメディアHDの2017年4〜9月期の業績】

フジテレビ、早期退職を募集か 直近の放送事業の利益は8割減少、退職金は最高7000万円も

既存メディアの経営が苦しくなってきた。

大手テレビ局のフジテレビは2018年3月末を期限に、50歳以上の社員に早期退職者募集を始めたようだ。

フジテレビの元アナウンサー・山中秀樹氏がツイッターで明らかにした。

50歳では最高7000万円もの割増退職金が支給されるという。

一般に、日本の企業で売り上げが伸びず人員が過剰になって採算の悪化が長期化する場合、従業員の高齢層に絞って退職金を多めに手当てした早期退職者の募集を始める。

フジテレビの親会社で上場企業のフジメディアホールディングスの決算を見ると、フジテレビの苦境が明らかになる。




フジテレビグループ、利益のほとんどは不動産 テレビは単体で赤字

フジメディアHDの直近の決算である2017年4〜9月期では、売上高は前年同期比5%減の3118億円、営業利益は12%減の116億円だった。

部門別に見ると、フジテレビが主力の放送事業の利益が78%減の7億8000万円と最も落ち込んだ。

フジテレビはテレビの定期的なCMが苦戦、スポットのCMでも採算が悪化した。

視聴率の低迷で減収となり、フジテレビ単体では営業赤字に落ち込んだ。

一方で、ほかの大手メディアと同様に不動産は堅調だ。

不動産のサンケイビルやホテルのグランビスタホスト&リゾートを含む都市開発事業の利益は29%増の103億円とグループ全体の利益のほとんどを占めた。


「フジテレビが早期退職者の募集をするみたいですね。普及するインターネットと競合の従来の大手メディアはどこも苦戦しているのかしら」


「親会社のフジメディアHDの直近の決算を見ても、利益のほとんどは不動産事業だからね。フジテレビ単体では赤字に落ち込んでいるし、今後に劇的に採算が改善する理由を見つけるのは難しい」


「それにしても、多額の割増退職金が出るみたいですね。羨ましいです」


「余裕があるうちの日本企業の早期退職者の募集は通常の金額に加算して割り増しの退職金が出る。これまで高級だった分での退職金の金額も大きい。ただ、経営が本当に苦しくなっていた後の退職者の募集では割増退職金もあまり期待できないけどね」


「それにしても、大手メディアは不動産事業で儲かってますね。新聞もテレビも止めて、不動産だけにしたら超優良企業じゃないですか」


「フジテレビグループはこれまでのブランド力と優良資産を持っているのは確かだ。ホリエモンこと堀江貴文氏の買収騒動なども懐かしいね」


「産経新聞はフジメディアHDの持分法適用会社でセグメントの中に入っていないから、産経の業績がわかりにくいのが残念やな」




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)